階段をリフォームするには

家の中で最も事故が起きやすい場所といわれているのが階段です。さらに高齢になってから、もしくは幼い家族が増えてからはさらに事故が起きやすくなります。
高齢者向けの改善リフォーム、横浜でもリフォームの目玉としてよく売り出されていますね。
リフォームによってある程度まで対処することで、今後の暮らしを豊かにするのです。

事故が起こってもできるだけ少ない被害で食い止めるのには、階段の途中で踊り場があるようにするといいでしょう。また、踏面の先端の部分には滑り落ちるのを防ぐためにゴムなどの滑り止めを設置すると安心です。色を変えてみたり、足元に明かりをつけておいたりというのも安全性を高めるひとつの方策といえます。

高齢者が階段を安全に昇り降りするためには、リフォームする際に手すりを両側に連続して設置するようにするといいでしょう。この際には握りやすい太さや形状を意識することが大切になってきます。高さは使用する人に合わせて設けられるといいのですが、複数の人が使うのであれば、80cm程度の高さにしておくのが最適であるといわれています。