20年固定金利の平均値は何%?

自分に最適な融資関連の商品を選ぶとなると、やはり金利などは非常に重要なポイントになります。金利は金融会社に対する、明確な手数料になる訳ですから、できるだけそれを低く抑えたいと思うのも自然ですね。

ところで住宅ローンの中には、金利が20年間固定になるタイプがあります。かなり長い間固定されるタイプですが、その手数料がどれ位になるか、気になる方々も見られるでしょう。

それに関して、次のようなデータがあります。1.52%と1.47%と1.42%と1.18%と1.15%になります。この5つのパーセンテージが何を示すかと申しますと、住宅ローンの商品を、完全にランダムにピックアップしたデータですね。

ご覧の通り、ほとんど全ての商品の金利が、1%台になっています。そして平均値を算出してみますと、1.348となるのです。すなわち、それが住宅ローンの中で、20年固定のタイプの金利平均値となる訳です。ですので上記の商品の中では、1.18と1.15の商品などはかなり低めと言えます。
これから住宅ローンを借りる方は金利が超低金利なので住宅ローンの借り換えは想定できませんので、安くて対応の良い銀行を探すことをお勧めします。