住宅ローンの保証人になるのは覚悟が必要

投稿者: リフォームマニア | 2016年11月19日

知人や家族から住宅ローンの審査の際保証人になってほしいと頼まれる事もあります。そのような時には、まずは保証人の意味をしっかりと理解しなければいけないです。
もし、契約者が支払う事が出来なかった時には、保証人が代わりに支払う必要がありますので、保証人になるためにはそれなりの覚悟が必要になってきます。そこで、安心して保証人になるためには、お願いしてきた人の人柄をしっかりと把握しておく必要があります。
きちんと支払い能力があり、今まで返済において滞納がない人ですと、安心して保証人になる事ができます。しかし、過去に延滞などがあったり、お金に関してルーズな所があると、もしかしたら途中で返済できくなる可能性も否定できないです。
しっかりと返済能力があり、お金に関してルーズでない人のみ保証人になることを考えるようにします。また、相手に迷惑をかけない性格の人ですとなお良いです。
保証人というのは、リスクがありますので、簡単にOKを出さない事が必要です。