リフォームというかリノベーションで和室を取っ払う

リフォームだけではなくリノベーションも兼ねているとは思うのですが、今回の内装のリフォームでは和室をつぶして良かったです。わが家はこれまでキッチンの前にダイニングスペースがあって、その奥に和室があったのですが、ハッキリ言ってあまり使っていませんでしたからね。

一応「客間」扱いにはなっていたのですが、キッチンとダイニングの奥に客間があっては気を遣います。自分の親にそこに寝てもらっていても気を遣うのに、旦那のご両親がそこを使うとなりますとさらに気を遣いますからね。

けれどもフローリングに布団を敷くより、畳に布団を敷く方が圧倒的に寝心地はいいものですし、やっぱり和室が客間だったのですよね。しかし普段はほぼ使っていないスペースでした。

ですから今回のリフォームに際して和室を仕切っていた襖と畳を取り払ってもらって、リビングスペースとダイニングスペースを広くしました。おかげで広々快適です。元々仕切りとなっていた襖は取り外し可能でしたが、それすらも取っ払うことによって、すべて一続きになりましたので非常に開放感があり快適です。